***医療保険証はタイ入国時に入国管理局に提示する必要があるため、渡航の際は原本を必ず持参するようにして下さい。〜在京タイ大使館HPより〜, この条件を満たす保険を提供する保険会社として、日本の損保ジャパン日本興亜や、アクサ保険の現地会社など、外資も含めタイ現地の12社が記載されています。, 以下のどちらかの医療保険証を提出して下さい。 していく、というのが方向なので、 長期滞在のリタイアメントビザの. なので、日本の健康保険証を、提示できればいいのかな? でも日本語なので、英訳したものを添付しないと駄目かも。 ーーーーーーーーーーーーーー タイのリタイアメントビザ、医療保険加入義務化 2019年10月10日(木) 14時45分(タイ時間) また、 海外医療保険 ... Ø 病院の代替隔離施設(ahq) に指定されたタイの医療機関から発行された渡航者を受け入れて治療し、14 ... ノンイミグラント-o(年金受給者)所持者もしくはリタイアメントビザの再入国許可証所持者 . 外国人に対して、10月31日より. OIC規定書式はこちらから参照可能です。 付けられます。 → イミグレーションの告示. なっていると思うので、次はタイ ついに、話題となっていたタイのリタイアメントビザの新基準が本年8月11日より施行されました!! ではまずどのように内容が変更されたのかを見ていきましょう。 変更前→変更後. タイのロングステイ、リタイアビザの10年更新が登場。 在東京タイ王国大使館ホームページに『ノンイミグラント-o-x(ロングステイ10年)』の必要書類が公開された。 タイ国内に300万バーツの預金が必要。 特別便航空券を航空会社より直接購入する; asqを予約する; 条件を満たす医療保険の加入証書を用意する 保険会社は任意ですが、タイ王国大阪総領事館ウェブサイト上に、coe For your safe travel.Wherever you go, we keep you protected. 2019-10-11. タイ保健省は9日、タイにロングステイする人向けのビザ「ノンイミグラントビザo-a」(滞在期間1年)の申請について、10月31日から医療保険への加入を義務化すると発表した。 加入を義務付ける保険は滞在期間中有効で保険金が外来4万バーツ以上、入院40万バーツ以上のもの。 1年間で外来で4万バーツ相当、 入院等で40万バーツ相当以上の 預金:80万バーツ(約260万円)以上→300万バーツ(約1000万円) 預金期間:3か月→1年. 医療保険証 . The Nationのウェブサイトに7月からタイのリタイアメントビザ更新時に医療保険加入が義務化に関するニュースが掲載されていました。実際の施行にはかなり懐疑的な部分もありますが、情報としてはウォッチしておいたほうがいいように思われるので共 タイのバンコクで起業する日本人の会社設立から税務登記、bビザ(就労ビザ)、労働許可証(ワークパーミット)取得、毎月の会計、税務署へのvat、源泉徴収税、所得税、社会保険の申告まで完全サポートしております!すべておまかせください。スパやマッ タイ入国には10万ドル以上の医療保険が必要ですが、保険期間がタイ滞在期間以上を最低クリアしていることも必要です。もし、タイ入国直後に保険を解約してしまったりすると、既に管轄がタイ国外務省(在日タイ大使館)から、民間航空局そしてタイ移民局に移 ※以下はタイ在住の橋本さんからの投稿 バンコクに移住してからの保険の話ですが、二種類あると思います。 まず日本で海外の治療も保障する保険に入っていくこと。 海外の保険というと海外旅行保険を思 … 2019年10月10日(木) 14時45分(タイ時間) Tweet 【特集】出入国・ビザ関連. ※タイ国内保険会社の医療保険は、以下のウェブサイトから加入可能。 「外務省で認証を出すのは公文書のみなので、保険会社発行の証明書のような私文書については、公証人役場に依頼をしてください」, そこで公証人役場に。 医療保険に加入することが義務. タイで現地加入型の保険を検討していますか?今回は日系や外資系であるかどうか、日本語対応の有無などに分けて、様々なタイ・バンコクの保険会社や日本人用保険を紹介します! 1年間で外来で4万バーツ相当、 入院等で40万バーツ相当以上の. タイのリタイアメントビザ、医療保険加入義務化 . とのことでした。, 認証にかかる料金は11,500円だそうです。宣言書の見本は、役場の人にお願いして送ってもらいました。それがこちらです。, このように、日本の海外旅行保険で対応しようとした場合は、規定から行くと少し手間がかかります。, タイ現地の保険会社で発行する証明書については、このような要求はありません。日本の海外旅行保険でも構わないとは言いながら、結局は自国の保険会社で準備してくださいと言っているようなものです。, 自分の国の保険会社に出来るだけ加入させたいのは、どこの国も同じこと。その方が自国が潤うからです。, しかし、年々高額の一途である医療費ですから、引受をする保険会社だってもちろん赤字になるような保険商品は提供してくれません。アメリカがその顕著な例です。, つまり、ビザの必須条件となる現地保険会社の補償内容が、外国人にとって安くていい商品であるはずはありません。現地の保険商品の内容も入手しましたが、最低限の補償で大体3万〜4万バーツ。補償の手厚いものは日本の海外旅行保険以上に高額な保険料となっていました。, それに比較すれば、やっぱり日本人には日本の海外旅行保険ほど、手頃な価格で手厚い保険は無い!と断言できるでしょう。, まして手続きだけで無く、万一の際に英語・タイ語でしか相談出来ないとなれば、それだけで安心とは言えませんよね。, でも、日本の海外旅行保険だけでビザの要件を満たそうとすれば、手続き上手間暇がかかり、また絶対に大丈夫だと断定出来ない不安もあります。, タイ大使館の対応もあまりはっきりとせず、また現地イミグレーションの対応なども朝令暮改が甚だしいとの話もあり、実際の運用を見てみないと何とも言えないところもありますね。, タイで発給されたロングステイビザについては、「今年は」医療保険の義務化は適用外となった、という情報もあります。, そこで、イザ!の安心のためには日本の海外旅行保険に加入をしておく。そして、やはり現地の保険がどうしても必須となったのであれば、ビザ取得・更新のためだけに、現地の最低限要件を満たす保険にも加入をする。, どちらにしても、外国人にとってはタイでも医療費は高額になります。ですから、ある程度のコストを惜しむよりも、出来るだけ手間をかけずに安心を手に入れることが、海外ロングステイには重要だと思います。, なお、ビザに適用可能なタイ現地の保険については、日本語で案内している業者もいくつもありますので、探すのはさほど難しくはありませんでした。, 弊社では、海外旅行保険にご加入されていらっしゃるお客様向けに、OIC規定書式の証明書の発行を受け付けております。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。, このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。, 海外では私達外国人が万一の時、特に今ではコロナウイルス感染への備えは海外旅行保険がとても重要となります。, キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。, 「株式会社セーブユープラス」 タイの医療事情について解説しています。日本との医療費や医療制度の違い、病院に行く上での注意点をまとめています。いざという時のために、事前準備をしておきましょう。 小堺さん、タイのロングステイビザ、いわゆる私達が利用している50歳以上のリタイアメント向けのo-aビザなんですが、取得時や更新時に医療保険が必ず必要になったみたいなんです。今加入している海外旅行保険でも大丈夫なんでしょうか? 働く会社によっては福利厚生として民間の医療保険に加入しており、そういった場合は費用がかからないことはありますが、そういったケースはあくまで例外となります。 私の場合は、タイに来てから病院に行く回数は非常に少なくなりました。それはいいことか悪いことか判断はしずらいの� タイの医療事情について解説しています。日本との医療費や医療制度の違い、病院に行く上での注意点をまとめています。いざという時のために、事前準備をしておきましょう。 タイのロングステイ、リタイアビザの10年更新が登場。 在東京タイ王国大使館ホームページに『ノンイミグラント-o-x(ロングステイ10年)』の必要書類が公開された。 タイ国内に300万バーツ … 2019年11月現在、日本の在京タイ大使館でO-A(ロングステイ)ビザを取得するためには医療保険への加入が必須条件となっている。 以下は、在東京タイ王国大使館のサイトより抜粋。, 10.医療保険証 タイ国内で治療費用補償がある保険で、保険金額が怪我の場合は40,000バーツ以上、病気の場合は400,000バーツ以上であり、補償期間はそれぞれ1年以上であること、又はそれ以上の滞在予定の方は滞在期間が補償されていること。(これらの補償内容は必須条件となります。), タイ国内でのリタイヤメントビザの取得・更新ではこの条件は適用されていないようだが、いつ保険への加入が必須になったとしても不思議ではない状況にある、ということは認識しておいたほうがいいかもしれない。, 医療保険という観点で言えば、3か月程度までのシーズンステイであれば日本で海外旅行保険に加入してくる、あるいはクレジットカードに付帯する海外旅行保険でカバーするのが一番いいだろう。, また、日本で国民健康保険に加入している人は、こちらの主要な大病院で必要書類を揃えてもらえば帰国時に治療費の還付が受けられる。, 還付が受けられるのは日本の保険が適用になる治療や医薬品のみで、いったん全額を立て替える必要があるが、それでも特に費用面ではかなりの安心になるだろう。, 自分がリタイヤしてチェンマイに移り住んだ時、日本では国民健康保険には加入していなかったので、まず出発前に3か月間の海外旅行保険に加入してきた。, そしてこちらに到着後、医療(入院)保険についてリサーチなどをして海外旅行保険が切れるのと入れ替えるような感じで当地の医療(入院)保険に加入した。, 現在、タイでは所得の高まりに伴って人々の間で一種の「保険ブーム」のようなものが起きており、テレビを見ていると日本とまったく同じパターンのCMがいやというほど流れて来る。, まったくあてがないのであれば、それらの保険会社(多くは日本でも事業を展開しているなじみのある名前だ)のウェブサイトにアクセスすればたいていの場合英語のページも用意されており、補償内容や保険料などについて確認したりシミュレーションができたりするので必要な情報は入手できる。, コールセンターも英語の話せるスタッフの直通電話番号が記載されているので、そこにアクセスして詳しい話を聞きたい旨相談すれば、たぶん対応してくれるだろう。, なお、医療(入院)保険の書面で使われる英単語は通常と意味が異なるものも結構あるので注意が必要だ。, 自分は当地のお友達からご紹介いただき、タイで保険の販売代理業務を行っている複数の方(タイ人)とお会いした。, これらの方は、日本の保険代理店と同様独立開業している個人事業主のような立場でビジネスをしているようだ。, タイでも医療(入院)保険を提供する会社はいくつもあるので、できることなら複数の保険会社と販売代理契約を結んでいるエージェントの方からいくつかのプランを提案してもらって比較検討したほうがいいと思う。, 外国人でも、自分のような長期滞在者だけでなくチェンマイの企業や団体などで働いている人の多くが医療(入院)保険に加入するので、自分がお会いした方の一人は完ぺきに、もう一人の方もある程度の英語ができ、相談・提案説明・加入にあたって意思疎通で困ることはほとんどなかった。, 自分の条件や希望などを説明し、エージェントの方から詳細なご提案いただいたのは、AIA(American International Assurance)とBupa(British United Provident Association)という2つの保険会社のプランであった。, AIAは、チェンマイではお濠の南西角にある大きなビルに社名を掲げオフィスを構えているのでよく名前を知っていたが、ウィキペディアによれば、元々はAIG(American International Group)のアジア部門で2008年の金融危機で米国政府がAIGを救済した際に切り離されたとのこと。 日本では日本生命と提携しているようだ。, Bupaは日本人にはなじみのない社名だが、英語版のウィキペディアによれば、1947年設立の英国最大手の非営利健保会社で世界190か国に2,200万人以上の顧客がいるということなので、日本では知られていない(事業展開していない?)だけなのだろう。, 自分が提案をいただいた保険の内容(抜粋)を以下の表にまとめてみた。なお、プランを作成してもらうにあたって、自分の年齢・職業・収入・他の生命保険への加入の有無(補償額)、妻の居所・職業・収入などをたずねられた。, 実際には、補償内容(金額)によってこれ以外にもたくさんのプランがあるのだが、「病気やけがでチェンマイの病院にかかるならこれくらいあれば十分だと思う」というエージェントの方からのお話で、この2つのプランを比較検討した。, これは重要なポイントだが、「チェンマイで」ということは、もしバンコクの大きな病院に行きたいという場合はこれでは足りないということだ。, ちなみに、BUPAではバンコクの大病院にかかる時にも十分補償で医療費をカバーできるプランが別に用意されており、補償金額(=必要な医療費)はほぼ2倍、保険料もほぼ2倍になっていた。, また、余談だが、重篤な状態になるなどで日本に帰国して治療したい、となった場合だが、病状によっては飛行中に体調が急変したりした時の責任を回避するため、航空会社が搭乗を拒否、もしくは家族・医師の付き添いを搭乗の条件にしたりすることがある。, なので、あまり気軽に「何かあったら日本に帰って病院に行けばいいや」と考えないほうがいいのかもしれない。, (1)BUPAのほうが保険料が安い (2)現在の年齢で加入しておけば、70歳以上になっても加入し続けることが可能(会社によっては70歳に達すると更新できなくなるらしい) (3)BUPAのエージェントの方がAIGの代理店もしており、AIGが外国人向け海外旅行保険も取り扱っていることから、今後タイから旅行に出かける時にこのエージェントとの方とお付き合いしておくと便利, また、AIAの保険代理店の方が英語で説明しきれなかった部分について同社のコールセンターに問い合わせたところ、「ワークパーミットがないとAIAの保険には加入できない(ロングステイヤーの保険金詐欺や保険金殺人などが起きたため)」と言われたのも大きな理由となったが、これについてエージェントの方は「そのような条件はない。コールセンターが間違っている」とのことであった。, 保険契約にあたっては、日本と同様に申込書や健康状態などの質問書への記入、パスポートのコピーなどが必要となる。, これらの書類はすべてタイ語・英語併記となっているので困るようなことはないだろう。質問書には病名などが書かれているためすぐ理解できないこともあるが、日本同様「いいえ」にチェックを入れてしまえば間違いない(笑), 補償は保険料を支払った時点から始まる(自分はエージェントの方とスケジュールが合わず、BUPAのオフィスに行って直接保険料を支払った)が、病気については支払後30日間は免責となるため、その間に病気になっても保険は利用できない。, 自分と同じように海外旅行保険と組み合わせて利用する場合には注意が必要だ(自分はそのため、20日間くらい無保険状態になった)。, 加入後しばらくすると、もし病気・けがで病院に行った場合に提示する、保険に加入していることを証明するプラスチック製のカード(病院には保険会社と結ばれているコンピュータがあり、このカードに記載された契約番号などを確認して支払能力が担保されてから治療にあたるらしい)や、提携しているタイ全土の病院が記載された冊子、契約書などがまとめられたファイル一式が郵便で送られてくる。, 実際に個人で医療(入院)保険に加入してみた実感としては、タイ語ができなくても何とかなるが、英語がある程度できないとかなり辛いと思われる。, が、それはイミグレーション・オフィスをはじめとするさまざまな公的機関での手続きなどでも同じなので、総じて長期滞在生活を送る上での手続き面ではタイ語よりもむしろ英語の能力のほうが重要かもしれない(お金をかけて通訳を雇ったりすれば話は別)。, もしハードルが高いと思う場合は、日本の海外旅行保険でも半年や1年の長期間プランがあるので、それに加入してくるといいだろう。, ただし、保険料がかなり高くなるし、海外から更新(延長)はできず契約が切れるたびに帰国しての再加入が必要だ。, また、一度保険を利用して治療などを受けてしまうと、次からの加入が難しくなるという話を聞いたことがあるが真偽は不明だ。, 初年度契約満了のおよそ半年後に、BUPAから保険を利用しなかった還付金として、2,392.80THBの小切手が書留郵便で送られてきた。, 払い出し人は香港上海銀行になっており、チェンマイには支店がないのでコールセンターに問い合わせたところ、どこの銀行でも受け取りが可能とのことで口座を持っているクルンシー銀行の支店に行き手続きをした。, 直接現金を受け取ることはできず口座に入金する形になるとのことで、通帳を見せるように言われたが身分証明のためのパスポートなどは不要。, 保険会社では契約時には還付金についての説明はなかったので、予期しないちょっとした臨時収入であった。, 2年目の契約満了からおよそ半年後に、前年と同様BUPAから保険を利用しなかったことによる還付金の小切手が送付されてきた。, 3年目の契約満了からおよそ半年後に、前年と同様BUPAから保険を利用しなかったことによる還付金の小切手が送付されてきた。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 1988年、タイのチェンマイを初めて旅してすっかり気に入りリピーターに。 2013年にハッピーリタイヤして東京から引っ越しました。, サワディーチャオ(สวั๋สดีเจ้า)は、チェンマイ語の女性の挨拶(標準語はサワディーカ)です, この記事は、ガネッシュがチェンマイ(タイ)で医療(入院)保険に加入した際の見聞や体験をまとめたものです。, チェンマイで楽しく暮らす上で最も重要なことがらのひとつである医療や保険、健康維持関連に加え美容系の情報を紹介, チェンマイで長期滞在生活(ロングステイ)をする時に加入する医療保険の提案書や契約書に出てくる普段見ることのない、あるいは特別な意味を持つ単語の日本語訳, BUPA Health Insuranceは、2018年1月19日に社名を「Aetna Health Insurance」に変更した。, ナーンのほぼ中心にある築浅で清潔、設備も整った中級ホテル「バーン・ナーン・ホテル」宿泊レビュー, 【チェンマイで暮らす】長年ひどい腰痛持ちの自分が日本からわざわざチェンマイに持って来た対策グッズ2選, ©2018 Sawadeechao ChiangMai(R) 当サイト掲載の文章・写真・地図などすべての無断転載・使用を禁じます。, 【一時帰国の買い物】糖尿病じゃないけど、血糖値が気になるので飲んでるサプリ「Blood Sugar Manager」. が立て替えている件について対処. チェンマイ(タイ)に長期滞在するためには、何らかのビザが必要である。 以前の一時期、2~3か月チェンマイ(タイ)に滞在して2~3か月日本に戻る、というスタイルを送っていた時には、ビザを持たずに日本からタイに到着した場合にもらえる1か月滞在可能なビザ(ポー30)で入国した後、それが切れる前にマレーシア、ミャンマーなどの隣国にいったん出国して、またタイに戻った時に再びポー30ビザをもらって滞在する、といういわゆる「ビザラン」を行っていた。 しかしながら、このビザランを悪 … のタイ滞在について、保険に入ら. タイのバンコクで起業する日本人の会社設立から税務登記、bビザ(就労ビザ)、労働許可証(ワークパーミット)取得、毎月の会計、税務署へのvat、源泉徴収税、所得税、社会保険の申告まで完全サポートしております!すべておまかせください。スパやマッ リタイアメントビザの取得や更新にあたり、医療保険の加入が義務付けられたと伺いました。外来で4万バーツ、入院で40万バーツの給付が最低条件となるようです。イミグレーションのサイトにはいろいろな保険会社が紹介されていますが、お勧めの保険会社はございますでしょうか。 タイ保健省は9日、タイにロングステイする人向けのビザ「ノンイミグラントビザO-A」(滞在期間1年)の申請について、10月31日から医療保険への加入を義務化すると発表した。 出典:newsclip.be タイのリタイアメントビザ、医療保険加入義務化 (2019年10月10日) リタイアメントビザ50歳以上の退職者向けの長期滞在ビザとして人気があるのがリタイアメントビザです。リタイアメントビザを申請するには年齢条件はありますか?リタイアメントビザは50歳以上の退職者向けのビザです。リタイアメントビザ申請の条件はありますか? 続きはこちらから. 「この証明書は公証人役場と日本外務省または申請者の国籍国の所轄省庁で認証を受けること」, 単に保険会社から証明書をもらうだけでは無く、更にその証明書について公証人役場か外務省などの省庁から認証を受ける??意味が分かりません!, タイ大使館に電話でこの件を問い合わせると、「記載の通りです。必要の無いことはHPには記載していません。」とだけ、, 外務省では、 医療保険に加入することが義務 . タイ政府より新たに、タイに入国する際に必要な保険についての追加条件が提示されました。10万米ドル以上の治療費用の付帯が必須であることは以前から発表されておりましたが、新たに以下のような文言が加わりました。 現在、タイ入国にあたりその目的によって医療保険に関する必要な条件や、提出する証明書類がいくつかあります。タイ大使館のhp等だけでは非常にわかりにくいため、目的別に整理してポイントをお伝え … 在タイ日本人向けに医療保険を取り扱っている「パシフィッククロス社」では、新たにリタイヤメントビザ適格医療保険の取り扱いを開始いたしました。 この10月31日より、日本などでリタイヤメントビザ(ロングステイビザ)o-aを取得する人に医療保険 https://longstay.tgia.org 〜在京タイ大使館HPより〜, このように、日本の海外旅行保険でも補償条件を満たしていれば適用されることになります。大使館に電話で確認をしたところ、新規取得時に限らず更新であっても認められると言っていました。, OIC (Office of Insurance Commission)規定書式の医療保険加入証明書原本とコピー1部(加入した保険会社にOIC規定書式の証明書の発行を依頼する必要があります。証明書は、責任者の自筆署名と社印もしくは社判を含みます。) タイ保健省は9日、タイにロングステイする人向けのビザ「ノンイミグラントビザo-a」(滞在期間1年)の申請について、10月31日から医療保険への加入を義務化すると発表した。 加入を義務付ける保険は滞在期間中有効で保険金が外来4万バーツ以上、入院40万バーツ以上のもの。 海外拠点・海外支局を持つからこその経験から、分かりやすく、そして知らないと損をする海外旅行保険のお話をお届けしています。. 人から始める!というのは理にか. 医療保険という観点で言えば、3か月程度までのシーズンステイであれば日本で海外旅行保険に加入してくる、あるいはクレジットカードに付帯する海外旅行保険でカバーするのが一番いいだろう。 また、日本で国民健康保険に加入している人は、こちらの主要な大病院で必要書類を揃えてもらえば帰国時に治療費の還付が受けられる。 還付が受けられるのは日本の保険が適用になる治療や医薬品のみで、いったん全額を立て替える必要があるが、それでも特に費用面ではかなりの安心になるだろう。 自分がリ … 10.1 日本の海外旅行保険証(医療保険証)をお持ちの場合は、保険証の原本及びコピー2部 タイの新しい10年リタイアメントビザの要項が、ローカルニュースサイトのpattaya oneに掲載されていましたので紹介します。当記事はニュースソースから私なりに解釈した結果に過ぎず、かならずしも実際の運用と同じになるとは限りませんのでご注 タイで取得したo(オー)ビザは現在医療保険は不要です。注意しなければいけないのは、昔o-aで取得してずっとそのままタイで更新していた方は、今でもo-aになっていることです。表記はo-aもoもリタイアメントとなっているので、うっかり忘れてしまっている方が結構いらっしゃいます。 ついに、話題となっていたタイのリタイアメントビザの新基準が本年8月11日より施行されました!! ではまずどのように内容が変更されたのかを見ていきましょう。 変更前→変更後. 【公式】ロングステイ。タイ国政府観光庁日本事務所が提供するタイ観光案内サイト。タイ国の基本情報や旅行の基礎知識の案内をはじめ、観光施設、宿泊施設、グルメ、イベント、買い物施設検索なども … 預金:80万バーツ(約260万円)以上→300万バーツ(約1000万円) 預金期間:3か月→1年. タイの入国管理局などによると、リタイアメントビザ(ロングステイビザ)をタイで取得する人、あるいは1年更新をしている人に対して、医療保険の加入義務を10月31日より施行するとしています。タイで50歳以上で、80万バーツ以上の預金をしている外国 小堺さん、タイのロングステイビザ、いわゆる私達が利用している50歳以上のリタイアメント向けのO-Aビザなんですが、取得時や更新時に医療保険が必ず必要になったみたいなんです。今加入している海外旅行保険でも大丈夫なんでしょうか?, 10月31日から日本で取得するO-Aビザには、医療保険の加入が必須となった件ですね。私も聞いていました。ネットには様々な情報が飛び交っているんですが、これだ!という結論が得られないので、今回東京にあるタイ大使館やタイ現地の方の話などの情報を収集してみました。, タイに移住された方の話では、近年中国人や韓国人の移民が物凄い勢いで増えているそうです。そんな状況も、現在の政権が外国人に対して様々な制限を設け始めている理由では無いかと感じているそうです。, 良かった〜。タイ現地の医療保険の内容を見たら、補償内容は大したことが無いのに、保険料は結構高いんですよ。日本の海外旅行保険とは比べ物になりませんね。, そうですね。明確に日本の海外旅行保険についての記載もあるので、私も安心しました。でも、注意しなければならないのは、次のような文言も書いてあることです。, 今回の取材は、実際に在京タイ大使館に何度も問合せて確認をしていますが、正直対応が非常に曖昧かつ丁寧さに欠けるもので、私自身確証を得たとまでは断言できません。つきましては、実際に取得・更新を行う際には、ご自身でも事前にご確認いただきますようお願いします。, 総合保険代理店株式会社「セーブユー」 代表・真に役立つ保険の普及と、適切な助言や情報を提供することで人々に貢献すること。保険のプロが教える・知って得するブログ運営者, 日本コロナ感染第3波中に一時帰国。「感染しても治療費は公費負担だから保険は要らない」にある「落とし穴」。, 米大統領選・バイデン勝利なら皆保険制度へ?!在米日本人なら海外旅行保険加入という特権を使ってください。, キャッシュレス提携病院以外では、緊急時でも立替え発生?ギャランティーレターは水戸黄門, タイロングステイ(リタイアメント)ビザ医療保険義務化_海外旅行保険も適用だが注意が必要. タイ:リタイアメントビザの取得・申請方法!タイで暮らすにはビザを取得する必要がありますが、今回は、50歳以上に限り取得できる「リタイアメントビザ」についてご紹介します。リタイア後のタイ移住を検討している方はぜひ参考にしてください。 10.2 日本の海外旅行保険証(医療保険証)をお持ちでない場合は、タイ国内保険会社の医療保険証原本もしくはコピー2部 日本でも分かりづらい保険ですが、世界中で働く日本人の方、日本企業の皆様や事業を行なう方々に、少しでもお役に立てればと思いこのブログを運営しています。. ※以下はタイ在住の橋本さんからの投稿 バンコクに移住してからの保険の話ですが、二種類あると思います。 まず日本で海外の治療も保障する保険に入っていくこと。 海外の保険というと海外旅行保険を思 … ずにやって来て、医療費をタイ政府. タイの入国管理局などによると、リタイアメントビザ(ロングステイビザ)をタイで取得する人、あるいは1年更新をしている人に対して、医療保険の加入義務を10月31日より施行するとしています。タイで50歳以上で、80万バーツ以上の預金をしている外国 首都バンコクでは渋滞に悩まされるところはありますが、地下鉄などの交通機関が発達しているため、便利に生活ができます。 BTS(高架鉄道)は、サイアム、ラーチャダムリ通り、スクンビット通り、シーロム通りなどバンコクの都心を走っています。5時頃から24時頃まで約4~8分の間隔で運行しています … 海外から入れる海外旅行保険、保険のプロが教える・知って得する海外旅行保険のブログ。, タイ大使館のHPでは、タイ現地の保険会社12社を指定していますが、日本の海外旅行保険でも可、となっています。しかし、ネット上には海外旅行保険ではダメだとの情報も。, そこで今回、実際にタイ大使館や保険会社、関係機関などにヒアリングして得られた情報をまとめてみました。, その理由の一つとして、医療費が払えない移民外国人のために、年間5億バーツ(約17億円)をタイ政府が負担しているからだと報じられています。, タイはとても暮らしやすい国であるとともに、ロングステイビザの取得要件が非常に緩いことで多くの移民を受け入れてきました。しかし、そんな事情から医療の備えもしない移民が国の医療費を圧迫したことは間違いないと思います。, そこで、今年に入り医療保険の義務化など、移民受け入れに様々な制限を付け始めました。, タイに限らず、マレーシアでもビザ取得要件に現地医療保険の加入が義務付けられています。またアメリカでも、長期滞在にはオバマケア医療保険の加入は原則義務(未加入の罰則は2019年から廃止)です。, 日本でも3ヶ月以上の在留許可を取得する外国人には、健康保険が必須ですから、当たり前、と言えば当たり前のことかもしれません。, 医療保険証 ©Copyright2021 海外旅行保険のブログ.All Rights Reserved. タイ国内で治療費用補償がある保険で、保険金額が怪我の場合は40,000バーツ以上、病気の場合は400,000バーツ以上であり、補償期間はそれぞれ1年以上であること、又はそれ以上の滞在予定の方は滞在期間が補償されていること。(これらの補償内容は必須条件となります。) さらに、年金ビザを申請するには、40万バーツを超える保険金額のタイの医療保険を購入する必要があります。 タイランドエリートカードはリタイアメントビザに比べて多額の入会費を払う必要がありますので、 コスト的にはタイランドエリートは非常に高いと思うかもしれません。 提供:newsclip. さらに、年金ビザを申請するには、40万バーツを超える保険金額のタイの医療保険を購入する必要があります。 タイランドエリートカードはリタイアメントビザに比べて多額の入会費を払う必要がありますので、 コスト的にはタイランドエリートは非常に高いと思うかもしれません。 タイでリタイアメントビザ(ロングステイビザ) を取得する人や、1年更新している.

9v 充電池 東芝, 梅田 喫煙所 コロナ, メルカリ 厳しくなった 2019, Foo Fighters - The Pretender 和訳, ディアペイシェント ネタバレ 陽子, あつ森 グミ スーパー, バッファロー 中継器 リセット, 未解決の女 スペシャル キャスト,